皆さん 初めまして、茶師の秋山勝英です。
茶師と言う言葉は、茶業界内でもあまり使われなくなりました。死後と言っても良い状態です。
FAなど大型設備化した茶工場では、オペレーターと言うのでしょう。
私が敢て茶師と名乗るのは理由があります。



私共が製造する茶は、天候や茶園管理方法、樹齢、品種などによって様々な対応をしながら、茶製造に持っている技術を取り込んで、各シチュエーションにおいて可能な限り上級になる製法で茶を製造します。
一人前の茶師になるには最低でも、栽培10年・製造10年 合わせて20年は必要であろうかと言う方もおります。私もすでに25年以上が過ぎ、そろそろ様々に活動しようかと思います。
その昔手揉み製法の時代には、「お茶師さん」と言われ、茶価はその茶師の技量、つまり「腕」で、大きく左右されたと言われます。
茶工場では「腕の良い茶師」さんを確保しておくために、かなりの厚遇をしていたと言う話があります。
今では、茶工場もコンピュータ化し初心者でも容易に茶を製造できるシステムになっております。
しかし、それは平準化を推進し、個性や品質重視の茶製造とは、異なる領域に進化してしまいました。
富士秋山園では、私が独りで製造すると言う画期的な方法で(かなり無理をしていますが)進化してきました。昔ながらの製茶機械(幻の四貫機)で、製法の勘所を維持しながら、茶製造への適応をしております。業界内でも異端の製造者でもあります。これからブログ内において「茶師のつぶやき」と題して
様々なことを語らせていただきます。
今後の内容にご期待ください!

富士秋山園 代表茶師 秋山勝英

秋山園について

※秋山園オリジナル包装紙・バックのデザインは、【日本画家 室井東志生画伯】です。

霊峰富士のもと、標高200m~300mの山裾に
弊園の茶畑がございます。
有機質肥料を基に、徹底した自然観察の中から培われた、
秋山園独自の栽培、製造技術、先祖伝来の研鑽努力と、職人気質で作り上げた
秋山園の銘茶です。
数多くある銘茶産地、茶店の中から、あなたが見つけたあなた自身のお茶屋。
精神誠意 真心を込めて作り上げた御銘茶を皆様のもとにお届け致します。

どうぞご賞味くださいませ。



秋山園
〒417-0802
静岡県富士市今宮512番地
フリーダイヤル 0120-36-5595
TEL       0545-21-5595
FAX        0545-21-8333
e-mail      info@fujiakiyamaen.com
URL       http://www.fujiakiyamaen.com/
Facebook始めました!
秋山園の異端児茶師のこだわり製法を紹介しています!
Facebook https://www.facebook.com/fujiakiyamaen/

代表茶師 秋山勝英



茶栽培・製造・仕上げ 責任担当
早稲田大学法学部卒のチョッと頑固な こだわりの職人です。
早くから品種茶の栽培に力を入れ、茶業界では品種茶では少し有名?
品種茶の本にはほぼレギュラーで登場しています!
「朝日新聞」 全国版(平成19年6月13日 朝刊)に
“やぶきた一色”の茶業界にあって、
個性豊かな香りと味、という新しいお茶の魅力を追求する品種茶栽培に力を入れる、
異色の生産者として大きく報じられました。
静岡県 農業経営士 認定
現在、独立行政法人 野菜茶業試験場 特別講師
日本茶を愛してやまない茶師です。
お茶は、甘み・渋み・苦み・・・味わい深いものです。
人生そのものですね。


販売責任者 秋山静子

・日本茶インストラクター (05-1237)
・茶専門経営士 茶匠 (2期生)
・秋山 勝英 妻

主人に初めて淹れてもらったお茶の美味しさに感動し、(今でもあの香り 湯飲みの柄まで覚えています) こんなお茶を作れる人はすごい人だ!と一緒になり、山あり谷ありの生活の中、反省の毎日で仕事を覚え今に至ります。
毎日毎日が勉強です!お茶は奥が深く、知れば知るほど面白いです!
一人でも多くの人に お茶の素晴らしさを伝え、皆様の健康とハツラツとした生活のお役に立てればと思っております。お客様とのお話中に毎日色々な発見があり、お茶だけでなく人生勉強もさせていただいています。
皆様のお話・ご意見 が私共の力となります。どうぞ 秋山園を一緒に育ててください!


家族

丹精こめた茶畑から生茶葉を摘み取り製茶します。お茶工場では荒茶と呼ばれる状態(きれいに選別して最後の仕上げの火入れをする前の状態)で問屋などに出荷します。問屋さんは一年間の売れ具合を見越して荒茶の状態でお茶の生産時期に一年分の荒茶を仕入れ、注文に合わせて少しづつ仕上げをし小売店に納品します。美味しいお茶を作るにはやはり元の生葉が美味しくなければどんな腕のよい茶師が製茶してもおいしい茶は出来ません。素材が第一です! 秋山園では畑の管理から仕上げにいたるまでこだわりの茶師秋山勝英が一貫して茶作りをしております。秋山園は富士山のふもと標高250mほどの山のお茶が中心です。山のお茶は香りが良いと昔から知られております。今、主流の深蒸し茶では山のお茶の特徴である香りを大切にすることが出来ません。頑固なまでに昔ながらの製法にこだわっておりますので深蒸し茶の様な濃い色は出にくいかと思いますが、すっきりとした香りと味わいは深蒸し茶を凌ぐと自負しております。時代の流れを見ながらも本筋を忘れずにこれからも鍛錬してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

富士秋山園本年のテーマ・・・「身土不二」・・・何かを忘れかけている日本人

地球上には固有の民族食があり、その民族が数百年食べ続けた食材、食習慣は正しい。
人間は生まれ育った土地のものを食べるのがその人の体に最も良く、尊いことである。という意味です。
もう一つ、それぞれの野菜、魚介類などには最盛期があり、その旬のものを食べると栄養価が最も高く、美味しいという意味もあります。
しかし、日本経済の高度成長とともに輸入農産物は急増し、欧米食文化の浸透などにより食生活は
満ち溢れていますが、輸入農産物など、食の安全性に対する不安があります。 偏った食生活による
生活習慣病の多発など、近年様々な問題が噴出しております。日本の伝統食を見直し「身土不二」の
意味を考えて、日本型食生活で健康にハツラツと過ごしたいものです。
日本茶の飲茶習慣も 実は健康に大変重要な意味があることが、研究者によって解明されつつあります。


商品紹介